桐朋小だより

自治活動が始まりました

5、6年生が協力して取り組む「自治活動」が今年もまた始まりました。

自分たちの学校を、自分たちの手でよりよいものにしていくことを目指して、様々な委員会に分かれて活動しています。今日は体育委員会の紹介をします。

体育委員会は、「グラウンドや体育館でみんなが安全に楽しく遊べるにはどうしたらよいか」ということを常に考え活動しています。これまでの体育委員では、安全のためグラウンドでできる遊びを曜日ごとに決めたり、安全に遊べる数のボールを用意したりと、「桐朋小学校の遊びのきまり」を中心になって考えてきました。

毎日の下校時には、片づけ忘れや落とし物などがないか、グラウンドと体育館の見回りをします。学校全体で行われるイベントの時には楽しい企画も考えてきました。

 

学校の遊びの中心を担っている分、やはり問題も多く起きます。1年生から6年生すべてのクラスに担当者が回り、丁寧に状況を聴き取ります。

遊んでいると夢中になって、問題が起きてしまうのはよくあること。そんな時は起きた問題を該当するクラスに直接きちんと伝え、そのことについてクラス全員で話し合ってもらいます。

 

今年はコロナウイルスの影響もあり、いつもはできていることも難しい場面が多くあります。でも、こういう時だからこそ、遊びのことを考える中心にいる体育委員の子どもたちにはたくさん知恵を出し合って、桐朋小学校の新しい遊びを創っていってほしいと思います。

これからの活動に期待です!

 

一覧に戻る